よくある質問

1.入国者健康確認センターについて

質問 回答
1-1

入国者健康確認センターの電話番号を知りたいです。

入国者健康確認センターの電話番号は以下のとおりです。
03-6757-1038(自動音声)
お電話の掛け間違いが増えておりますのでご注意ください。
なお、電話は繋がりにくい場合もありますので、メールでのお問い合わせをお勧めしています。お問い合わせ内容に応じてメールアドレスが異なります。詳細はホームページの「困ったときの相談」をご参照ください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
1-2

入国者健康確認センターの問い合わせ可能時間、土日や夜間の対応はどうなっていますか。

土日祝・年末年始を含め、問い合わせ可能時間は9:00~18:00です。夜間の対応は行っておりません。

1-3

入国者健康確認センターの職員は、厚生労働省の職員なのですか。

入国者健康確認センターの職員は、厚生労働省から業務委託を受けた企業の職員です。

2.水際対策について

質問 回答
2-1

具体的に、入国の前後でどのようなことが求められることになりますか。

全ての国・地域から入国される全ての方は、入国の前後で以下の対応をお願いします。*対応内容は変更される可能性があります。最新の情報はホームページをご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
  • 出国前72時間以内の検査証明を取得すること
  • 検疫所長が指定する場所(自宅など)で入国(検体採取日)の次の日から起算して14日間待機する滞在場所を確保すること
  • 新型コロナウイルス変異株流行国・地域に過去14日以内の滞在歴がある方については、検疫所の確保する宿泊施設等で指定の期間待機をし、定期的に検査を実施すること
  • 到着する空港等から、その滞在場所まで公共交通機関を使用せずに移動する手段を確保すること
  • 入国後に待機する滞在場所と、空港等から移動する手段を検疫所に登録すること
  • 新型コロナウイルスの検査を受けること
  • 検査結果が出るまで、原則、空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で待機すること
  • 到着から検査結果判明まで1~3時間程度ですが、再検査をするなど状況によっては到着の翌日に判明する場合があり、その後、入国の手続きになります。
  • 入国時には、誓約書を提出すること
  • 厚生労働省が指定する健康居所確認アプリ(MySOS)、接触確認アプリ(COCOA)のインストール・利用や位置情報記録の保存・設定が必要になりますので、所持しているスマートフォンに導入可能か事前にご確認いただくとともに、入国時にスマートフォンを携帯していただくようお願いします。

なお、検疫における新型コロナウイルスの検査結果が陰性でも、入国の次の日から起算して14日間は、検疫所長が指定する宿泊施設やご自身で確保した滞在場所等で待機することが要請され、入国者健康確認センター等による健康確認の対象となります。詳細は入国者健康確認センターのホームページをご確認ください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
2-2

家族や団体の場合メールアドレスの登録は代表者1名だけで良いですか。

家族や団体であってもお一人ずつメールアドレスを登録してください(12歳以下の方で、ご自身のメールアドレスが無い場合は、保護者の方等のメールアドレスを登録いただいて差し支えありません)。

2-3

誓約書を自身で印刷することができず、記入する事が出来ない場合は到着空港で対応してもらえますか。

検疫の手続を円滑に行えるように、可能な限り空港到着前に厚生労働省のホームページから最新版の誓約書を印刷し、記入を済ませておくようにお願いします。事前に誓約書を印刷しておくことが困難な方には、機内又は空港でお渡しいたします。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html
2-4

誓約書にサインしなかった場合、どうなりますか。

検疫所が確保する宿泊施設において、14日間待機していただくこととなります。

2-5

ワクチン接種証明と陰性証明があれば待機期間は短縮になりますか。

諸条件があります。詳細は以下をご確認ください。
【自宅等待機期間等の短縮について(Q&A)】

https://www.mhlw.go.jp/content/000849598.pdf
2-6

検査通知書や陰性証明書はどのようにアップロードできますか。

健康居所確認アプリ(MySOS)からアップロードできます。詳細は以下をご確認ください。
【ご利用ガイドはこちら】

https://teachme.jp/111284/manuals/13344568/

3.待機期間中の行動について

質問 回答
3-1

14日間の待機期間中に公共交通機関を利用して移動しても良いですか。

14日間の待機期間中に公共交通機関(電車、バス、タクシー、航空機(国内線)、旅客船など)を利用することは誓約書違反です。日本に到着した空港から待機場所に移動される際も、公共交通機関を利用しないようにしてください。

3-2

旅行や外食に出かけたいのですが、外出しても良いですか。また、会社に出勤しても良いですか。

誓約書において、自宅等での待機につき誓約いただいているところであり、14日間の待機期間中は旅行や外食、出勤その他不要不急の外出はお控えください。

3-3

病院を受診したいのですが、構いませんか。

到着した空港の検疫所もしくは、ご滞在先管轄の保健所または各自治体の受診・相談センターへご相談ください。検疫所や保健所へ相談後、ご自身で受診先へ連絡をされる場合には、必ず、帰国後の隔離期間中であることのご申告をお願いいたします。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html
3-4

健康状態や位置情報の報告は強制ですか。個人情報管理等に不安があるので対応したくありません。

健康状態や位置情報の報告等については、入国時に誓約していただく事項となります。誓約書を提出していただいた場合であって、正当な理由なく、健康状態や位置情報の報告を怠った場合など、誓約に違反した場合は、氏名(外国人の場合は氏名および国籍)や感染拡大の防止に資する情報が公表されることがあります。外国人の場合は出入国管理法に基づく在留資格取消手続きおよび退去強制手続きの対象となることがあります。
個人情報管理について、入国者健康確認センターは、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第58号)第6条第2項及び個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)第20条に基づき、安全管理措置等を講じています。厚生労働省は、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律第6条第1項に基づき、入国者健康確認センターを監督しています。

3-5

待機期間中に少し具合が悪くなってきました。(メールでは症状有りと回答済み。)どこに連絡したら良いですか。

速やかに待機場所もしくは居住地を管轄している保健所または各自治体の受診・相談センター(24時間対応)にご連絡ください。各保健所および各自治体の受診・相談センターの連絡先は厚生労働省のホームページでご確認ください。

保健所一覧URL

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

なお、検疫所が確保する宿泊施設に滞在中の方で体調不良がある方は、当該宿泊施設の事務局等(「入所のご案内」等の配布物に記載されている担当窓口)へご連絡ください。

3-6

待機期間中の14日以内に日本を出国する予定です。どこかに連絡をする必要がありますか。

14日以内に日本から出国する場合は、出国されたことを証明する書類(搭乗券、出入国証印など)をMySOSの「特別な状況の届出(健康確認センターのサイトに移動)」画面よりご提出ください。センターでの内容確認が完了しましたら(1ー2日程度)、センターによるフォローアップを終了します。ただし、14日間の待機期間中は健康観察や位置情報報告を求める通知が行き続ける場合があります。証明書の確認が完了した後であれば、通知に沿って応答をしていただく必要はありません。また、受付を完了したという通知を受け取った後はアプリをアンインストールして頂いて構いません。なお、出国情報は出入国在留管理庁に照会いたしますので、ご承知おきください。

証明書のアップロード方法は以下をご確認ください。

特別な状況の届出

アプリによる提出ができない方は、入国者健康確認センター(followup@hco.mhlw.go.jp) へご提出ください。

4.健康居所確認アプリ(MySOS)について

質問 回答
4-1

健康居所確認アプリ(MySOS)とは何ですか。このアプリをインストール・利用しなければならない理由は何ですか。

健康居所確認アプリ(MySOS)は、入国者の皆さまのフォローアップ(下記の3項目の確認)をするためのアプリです。

  • ① 入国後14日間、あなたの「現在の位置」を報告していただきます。
  • ② 入国後14日間、あなたの健康状態を報告していただきます。
  • ③ 入国後14日間、入国者健康確認センターがビデオ通話を行い、あなたがご自宅等屋内にいらっしゃることを確認します。

詳細は入国者健康確認センターのホームページをご確認ください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
4-2

入国者健康確認センターによるフォローアップは、どのように行われますか。

入国者健康確認センターでは、入国後14日間、健康状態と位置情報の確認、居所の確認を行います。詳細は入国者健康確認センターのホームページをご確認ください。
https://www.hco.mhlw.go.jp/

  1. 健康状態の確認
    アプリから健康状態報告をするよう、毎日プッシュ通知が届きます。通知画面に従って必ず当日中に回答を送信してください。待機期間中に37.5度以上の発熱、咳や鼻水などの症状があった場合は、待機場所もしくは居住地を管轄する保健所または各自治体の受診・相談センターに速やかにご連絡ください。

保健所一覧URL

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

なお、検疫所が確保する宿泊施設に滞在中の方で体調不良がある方は、当該宿泊施設の事務局等(「入所のご案内」等の配布物に記載されている担当窓口)へご連絡ください。

  1. 位置情報の確認
    健康居所確認アプリ(MySOS)により、1日複数回「現在の位置情報」を求める通知がスマートフォンに届きますので、速やかに「現在地報告」ボタンを押して位置情報を報告してください。
  1. 居所確認
    健康居所確認アプリ(MySOS)により、センターからご自宅等屋内にいらっしゃるかどうかの確認のためビデオ通話を発信します。着信した際は、画面のガイドやオペレーターの案内に従い、居所(背景)がわかるようにご自分を映してください。なお、オペレーターの映像は映りません。

これらに応答いただけない場合などは、待機場所に直接警備会社社員が訪問し、居所の確認を行う場合があります。


正当な理由なく、健康状態や位置情報の報告を怠った場合などには、氏名(外国人の場合は氏名及び国籍)や感染拡大の防止に資する情報が公表されることがあります。外国人の場合は出入国管理法に基づく在留資格取消手続及び退去強制手続の対象となることがあります。


詳細は入国者健康確認センターのホームページをご確認ください。

4-3

スマートフォンが厚生労働省が指定するアプリに対応していません。どうすれば良いですか。

検疫手続の際に、必要なアプリを利用できるスマートフォンの所持を確認できない場合は、空港内でスマートフォンをレンタルしていただくよう、お願いすることになります。
※レンタルにかかる費用は入国する方の自己負担となります。クレジットカードをご用意いただく必要があります。詳細はレンタル業者「株式会社ビジョン」に直接お問い合わせください。
株式会社ビジョン
電話番号:050-5893-8023
営業時間:9時~18時(土日祝日含む)
URL:https://www.vision-net.co.jp/news/20210319002098.html


なお、各アプリについて、対象OSは以下の通りです。あらかじめご確認ください。

  • ① 健康居所確認アプリ(MySOS):iOS 11.0以降、Android バージョン6.0以降
    ※Android 6でも、Bluetoothとオートフォーカスが実装されていない端末ではご利用いただけません。
  • ② GoogleMaps(Androidの場合):~
  • ③ 接触確認アプリ(COCOA):iOS 13.5、Android 6.0
4-4

待機場所にWi-Fi環境がなく、データローミングができないスマートフォンなのでアプリが使えません。どうすれば良いですか。

空港内でWi-Fiルーターをレンタルしていただくよう、お願いすることになります。
※レンタルにかかる費用は入国する方の自己負担となります。クレジットカードをご用意いただく必要があります。詳細はレンタル業者「株式会社ビジョン」に直接お問い合わせください。
株式会社ビジョン
電話番号:050-5893-8023
営業時間:9時~18時(土日祝日含む)
URL:https://www.vision-net.co.jp/news/20210319002098.html

4-5

レンタルスマートフォン・レンタルWi-Fiルーターの使い方/返却方法を教えてください。

レンタル業者「株式会社ビジョン」に直接お問い合わせください。
株式会社ビジョン
電話番号:050-5893-8023
営業時間:9時~18時(土日祝日含む)
URL:https://www.vision-net.co.jp/news/20210319002098.html

4-6

子どもはフォローアップ対象になりますか。スマートフォンは必要ですか。

13歳以上はスマートフォン・MySOSアプリによるフォローアップが必要です。アプリのインストールができるスマートフォンをお持ちでない場合には、スマートフォンのレンタルが必要ですので手続きをお願いいたします。レンタルの方法は4-3をご参照ください。

4-7

高齢のため(障害があるため)スマートフォンが使えません。どうしたらいいですか。

13歳以上はスマートフォン・MySOSアプリを使用してもらうことが原則です。空港で係員が資料を用いて、使い方を分かりやすく説明します。

4-8

家族全員で健康居所確認アプリ(MySOS)の登録をしなければなりませんか。

12歳以下でスマートフォンを持っていない方を除き、家族や団体であっても、1人1台のスマートフォンにそれぞれの登録をしていただき、毎日の位置情報・健康状態の報告を行っていただき、ビデオ通話の着信があった場合には応答していただくようお願いいたします。

4-9

健康居所確認アプリ(MySOS)のユーザーガイドを事前に送ってもらえませんか。

アプリの利用についての説明は入国者健康確認センターのホームページに掲載されていますので事前にご確認ください。
但し、予告なく変更されることがありますので入国時にお渡しする書面もご確認ください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
4-10

健康居所確認アプリ(MySOS)をインストールしていると、入国後15日目以降も、入国者健康確認センターに位置情報を把握されるのですか。

現在地位置情報の報告を求めるプッシュ通知は、入国後15日目(入国日の翌日を1日目と数えます)以降は送信されません。14日間が経過するとMySOSアカウントが無効になり、アプリの機能は使用できなくなります。入国後15日目以降、入国者健康確認センターがあなたの位置情報を取得したりビデオ通話をかけることはありません。

入国後15日目以降は、アプリをアンインストールしていただいて構いません。
以前からMySOSを利用されていた方は、入国者健康確認センターモードの連携が解除され、通常のMySOSの機能のみに戻ります。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
4-11

以前から通常のMySOSを利用していましたが(いますが)、改めてインストールする必要はありますか。

入国者健康確認センターモードのMySOSとしてご利用いただくために、アプリのインストール・設定方法の案内に従って、QRコードを読み込んでセンターと連携させてください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
4-12

以前入国・帰国した際にMySOSをインストール済みです。改めてインストールする必要はありますか。

待機期間が終了すると、入国者健康確認センターとの連携が解除され、通常のMySOSになります。
入国・帰国の度にアプリのインストール・設定方法の案内に従って、専用QRコードを読み込んで、入国者健康確認センターと連携させてください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
4-13

プッシュ通知や音が鳴りません。

お使いのスマートフォンの機種やOSによって設定方法が異なり、健康居所確認アプリ(MySOS)の通知が許可されていない場合があります。
以下の「スマートフォンの機種・OS別通知設定」でご確認ください。
スマートフォンの機種・OS別通知設定
また、操作内容・設定内容の確認方法の動画の動画も掲載していますので、入国者健康確認センターのホームページをご確認ください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
4-14

登録内容の確認をするようメールが届きました。

現在アプリに登録されている情報が、センターで登録されている情報と一致していない可能性がありますので、アプリを起動して「登録者情報」をタップし、表示されているパスポート番号と生年月日が正しいかご確認ください。
登録したアカウント情報の確認方法はこちらの動画を参考にしてください。

https://youtu.be/FMIHA5MtoUg
  • 1)登録されている情報が正しい場合、
    下記の内容で入国者健康確認センターにご連絡ください。
    - 送信先メールアドレス:app@hco.mhlw.go.jp
    - 件名:MySOSアカウント情報
    - 記載内容:MySOSの登録内容を確認するようメールが届いたが、アプリに登録されている情報が正しい情報だった旨ご記載ください。
    ※既に「現在地報告」を押していた場合でも、その記録は引き継ぐことができます。
  • 2)登録されている情報が誤っている場合、
    アンインストールし、再インストール後、正しい情報で再度登録し直してください。
    ※この場合、既に「現在地報告」を押していたとしても、その記録は引き継ぐことができません。
https://www.hco.mhlw.go.jp/
4-15

空港で登録の際に使用したパスポート・生年月日が誤っていました。

ログアウトし、正しい情報で再度登録し直してください。
こちらの動画を参考にしてください。

https://youtu.be/FMIHA5MtoUg

※既に「現在地報告」を押していたとしても、その記録は引き継ぐことができません。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
4-16

ログイン後、何をすれば良いですか。

ご利用開始後、スマートフォンの位置情報(GPS)設定をオンにしていただいた上で(詳細は入国者健康確認センターのホームページをご確認ください。操作内容・設定内容の確認方法の動画も掲載しています。)、誓約書に記載した待機する自宅または宿泊施設に到着したら、健康居所確認アプリ(MySOS)を起動し、「待機場所登録」を押してください。
入国後14日間は、アプリから毎日、複数回、位置情報の報告を求めるプッシュ通知が届きます。通知を受け取ったらすぐに、「現在地報告」ボタンを押してください。「現在地報告」ボタンを押すことにより、入国者健康確認センターにあなたの位置情報(現在地)が報告されます。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
4-17

MySOSは毎日ログイン、ログアウトをしなければなりませんか。また、MySOSのパスワードを変えたいのですが、変更できますか。

一度登録すればそのままでログイン状態が続きますので、14日間の待機期間はアプリをインストールして通知をオンにした状態を保ってください。また、パスワードの変更はできません。

4-18

MySOSを登録しましたが、プッシュ通知が届きません。

入国後2、3日してもプッシュ通知が届かないときは、現在アプリに登録されている情報が、センターで登録されている情報と一致していない可能性がありますので、アプリを起動して「登録者情報」をタップし、表示されているパスポート番号と生年月日が正しいかご確認ください。
登録したアカウント情報の確認方法はこちらの動画を参考にしてください。

https://youtu.be/FMIHA5MtoUg
  • 1)登録されている情報が正しい場合
    下記の内容で入国者健康確認センターにご連絡ください。
    - 送信先メールアドレス:app@hco.mhlw.go.jp
    - 件名:MySOSアカウント情報
    - 記載内容:MySOSの登録内容を確認するようメールが届いたが、アプリに登録されている情報が正しい情報だった旨ご記載ください。
    ※既に「現在地報告」を押していた場合でも、その記録は引き継ぐことができます。
  • 2)登録されている情報が誤っている場合、
    アンインストールし、再インストール後、正しい情報で再度登録し直してください。
    ※この場合、既に「現在地報告」を押していたとしても、その記録は引き継ぐことができません。
https://www.hco.mhlw.go.jp/
4-19

子どもと一緒に帰国します。どのようにフォローアップされますか。同行者登録とは何ですか。

12歳以下で、MySOSアプリがインストールできるスマートフォンを持っていない子どもは保護者の同行者としてMySOSで登録することにより、センターが保護者と一緒にフォローアップをできるようになります。 同行者登録をした子どもについては保護者が代理で位置情報・健康状態の報告をしてください。居所確認(ビデオ通話)は、保護者のスマートフォンで同行者登録をした子どもを画面に映してください。​登録方法の詳細は以下をご確認ください。
【MySOSの同行者登録方法について】

https://www.hco.mhlw.go.jp/manual/pdf-jp/4.pdf

5.位置情報報告について

質問 回答
5-1

健康居所確認アプリ(MySOS)で位置情報を報告しているにも関わらず、別途位置情報を保存しなければならない理由は何ですか。

健康居所確認アプリ(MySOS)は、あなたの「現在の」位置情報を、入国者健康確認センターへ報告いただくためのアプリです。
MySOSでの位置情報報告の他に位置情報記録を保存する理由は、入国後14日間の期間中にあなたが陽性となった場合等に、積極的疫学調査等において保存された位置情報を保健所などが確認するために必要なためです。保健所等からデータの提示を求められた場合には応じてください。

5-2

入国者健康確認センターによるフォローアップは、どのように行われますか。

入国者健康確認センターでは、入国後14日間、健康状態と位置情報の確認、居所の確認を行います。詳細は入国者健康確認センターのホームページをご確認ください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/

健康居所確認アプリ(MySOS)により、1日複数回「現在の位置情報」を求める通知がスマートフォンに届きますので、速やかに「現在地報告」ボタンを押して位置情報を報告してください。


応答いただけない場合などは、待機場所に直接警備会社社員が訪問し、居所の確認を行う場合があります。

正当な理由なく、健康状態や位置情報の報告を怠った場合などには、氏名(外国人の場合は氏名及び国籍)や感染拡大の防止に資する情報が公表されることがあります。外国人の場合は出入国管理法に基づく在留資格取消手続及び退去強制手続の対象となることがあります。


詳細は入国者健康確認センターのホームページをご確認ください。

5-3

現在地報告を求めるプッシュ通知は、毎日何時頃届きますか。また、何時までに対応すれば良いですか。

プッシュ通知が送信される時間帯は、決まっていません。「現在地報告」ボタンを押して位置情報を報告してください。位置情報の報告がない場合は、入国者健康確認センターからご連絡させていただくことがあります。

スマートフォンの位置情報(GPS)設定をONにしていない場合は、「現在地報告」ボタンを押しても、入国者健康確認センターに位置情報は報告されません。「現在地報告」ボタンにより位置情報を報告いただく際には、位置情報(GPS)設定がONになっていることをあらかじめご確認ください。設定についての詳細は、入国者健康確認センターのホームページでご確認ください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
5-4

「現在地報告」ボタン押したけど、何も変化がありません。

「現在地報告」ボタンを押し、現在地を送信できると、「ご協力ありがとうございます。現在地の報告を受け付けました」と表示されます。現在地報告通知が来てから一定時間報告がない場合、次の通知が来るまで現在地通知を押下できなくなります。次回通知を待って報告お願いします。

5-5

待機先登録ボタンや現在地報告ボタンを押すと、「位置情報が見つかりません」というエラーメッセージが出ます。
「現在地が送信されました」のメッセージが表示されません。

位置情報を取得できない場所(山間部など)にいらっしゃる場合には、そのようなメッセージが出る場合があります。都市部等にいるにも関わらずエラーメッセージが出る場合、通信環境が不安定であることが原因として考えられます。下記をお試しください。

  • 時間をおいてから再度試してみる。
  • スマートフォンを再起動してみる。
  • インターネットに接続している通信機器(モバイルWi-Fiなど)を再起動してみる。
  • 滞在中の場所の中の別の場所で試してみる。(窓際など)

それでも繋がらない場合は、お手数ですが、入国者健康確認センターにお問い合わせください。
電話番号:03-6757-1038(自動音声)
メールアドレス:app@hco.mhlw.go.jp

5-6

現在地報告を求めるプッシュ通知が届きません。

お使いのスマートフォンの機種やOSによって設定方法が異なり、健康居所確認アプリ(MySOS)の通知が許可されていない場合があります。
下記の「スマートフォンの機種・OS別通知設定」でご確認ください。
スマートフォンの機種・OS別通知設定
また、操作内容・設定内容の確認方法の動画の動画も掲載していますので、入国者健康確認センターのホームページをご確認ください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
5-7

毎日送られて来ると言われていた通知が来ません。通知が来ないときは「待機先登録」を押さなくて良いですか。

MySOSアプリがセンターと連携できている場合には全員、プッシュ通知が毎日複数回届きます。スマホが「通知を受け取らない」設定になっていると通知を受け取ることができません。MySOSからの通知設定を許可した状態としてください。また、プッシュ通知が届く時間は決まっていないので、常に通知には気を付けていてください。

https://www.hco.mhlw.go.jp/
5-8

家から出ていないのに、「待機場所から一定距離の移動が検知されました。誓約書違反の疑いがあります。至急、待機場所にお戻りください。」とプッシュ通知が来ます。なぜですか。

GPSは衛星からの電波を使用しているため屋内では精度が低くなり、位置ずれと誤認識してしまい通知が来てしまうことがあります。移動をしていないのにもかかわらず通知が届き続ける場合には、下記をお試しください。
・滞在中の場所の中の別の場所で試してみる。(窓際など)
それでも改善しない場合は、お手数ですが、入国者健康確認センターにお問い合わせください。または、オペレーターから電話があった際などにその旨ご説明ください。
電話番号:03-6757-1038(自動音声)
メールアドレス:app@hco.mhlw.go.jp

6.健康状態の報告について

質問 回答
6-1

健康状態の確認はなぜ14日間必要なのですか。

新型コロナウイルス感染症に関する検査で陰性であっても、発症する可能性があります。WHOの知見によれば、潜伏期間は1~14日(多くは5日程度)とされており、また、これまでのコロナウイルスの情報などから、14日間にわたり健康状態を観察することが推奨されています。毎日健康状態を確認し、万一発症した場合でも速やかに対応できるよう、ご理解願います。

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/question-and-answers-hub/q-a-detail/coronavirus-disease-covid-19 英語のみ
6-2

健康状態の確認は14日間、毎日するのですか。

入国日の次の日から起算して14日間の待機期間中は毎日必ず行っていただきます。

6-3

健康状態の報告を当日中にできなかった場合、氏名は公表されるのでしょうか。

健康状態の報告については、プッシュ通知から一定期間回答がなければ、同日夕方頃にリマインドでプッシュ通知を送信しますので、必ず当日中に回答を送信してください。また、一定期間回答が無ければ、ご事情を伺った上で、正当な理由なく、健康状態や位置情報の報告を怠った場合など、誓約に違反した場合は、氏名(外国人の場合は氏名および国籍)や感染拡大の防止に資する情報が公表されることがあります。外国人の場合は出入国管理法に基づく在留資格取消手続きおよび退去強制手続きの対象となることがあります。

6-4

健康状態や位置情報の報告は強制なのでしょうか。個人情報管理等に不安があるので対応したくありません。

健康状態や位置情報の報告等については、入国時に誓約していただく事項となります。誓約書を提出していただいた場合であって、正当な理由なく、健康状態や位置情報の報告を怠った場合など、誓約に違反した場合は、氏名(外国人の場合は氏名および国籍)や感染拡大の防止に資する情報が公表されることがあります。外国人の場合は出入国管理法に基づく在留資格取消手続きおよび退去強制手続きの対象となることがあります。

個人情報管理について、入国者健康確認センターは、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第58号)第6条第2項及び個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)第20条に基づき、安全管理措置等を講じています。厚生労働省は、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律第6条第1項に基づき、入国者健康確認センターを監督しています。

6-5

待機期間中に少し具合が悪くなってきました。(メールでは症状有りと回答済み。)どこに連絡したら良いですか。

速やかに待機場所もしくは居住地を管轄している保健所または各自治体の受診・相談センター(24時間対応)にご連絡ください。各保健所および各自治体の受診・相談センターの連絡先は厚生労働省のホームページでご確認ください。

保健所一覧URL

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

なお、検疫所が確保する宿泊施設に滞在中の方で体調不良がある方は、当該宿泊施設の事務局等(「入所のご案内」等の配布物に記載されている担当窓口)へご連絡ください。

6-6

待機期間中の14日以内に日本を出国する予定です。どこかに連絡をする必要がありますか。

14日以内に日本から出国する場合は、出国されたことを証明する書類(搭乗券、出入国証印など)をMySOSの証明書登録画面「特別な状況の届出(健康確認センターのサイトに移動)」画面よりご提出ください。センターでの内容確認が完了しましたら(1ー2日程度)、センターより受付完了の通知を送付します。その後、センターによるフォローアップを終了します。 ただし、14日間の待機期間中は健康観察や位置情報報告を求める通知が行き続ける場合があります。証明書の受付完了後であれば、通知に沿って応答をしていただく必要はありません。また、受付完了の通知を受け取った後はアプリをアンインストールして頂いて構いません。なお、出国情報は出入国在留管理庁に照会いたしますので、ご承知おきください。
証明書のアップロード方法は以下をご確認ください。
特別な状況の届出
アプリによる提出ができない方は、入国者健康確認センター(followup@hco.mhlw.go.jp) へご提出ください。

6-7

健康状態の確認のプッシュ通知が届かないのですが、どうすれば良いですか。

入国後2、3日してもプッシュ通知が届かないときは、センターで登録されている情報と一致していない可能性がありますので、アプリを起動して「登録者情報」をタップし、表示されているパスポート番号と生年月日が正しいかご確認ください。
登録したアカウント情報の確認方法はこちらの動画を参考にしてください。

https://youtu.be/FMIHA5MtoUg
  • 1)登録されている情報が正しい場合、
    下記の内容で入国者健康確認センターにご連絡ください。
    - 送信先メールアドレス:app@hco.mhlw.go.jp
    - 件名:MySOSアカウント情報
    - 記載内容:MySOSの登録内容を確認するようメールが届いたが、アプリの入国者情報は正しい情報だった旨ご記載ください
    ※既に「現在地報告」を押していた場合でも、その記録は引き継ぐことができます。
  • 2)登録されている情報が誤っている場合、
    アンインストールし、再インストール後、正しい情報で再度登録し直してください。
    ※この場合、既に「現在地報告」を押していたとしても、その記録は引き継ぐことができません。
https://www.hco.mhlw.go.jp/
6-8

健康状態確認のリマインドプッシュ通知だけ来ました。その前には何のプッシュ通知も来なかったのですが、回答はどうしたらよいですか。

入国日翌日はシステム登録のタイミング上、1回目の健康状態確認のプッシュ通知が夕方頃になることもあります。また、その1回目の通知の前にリマインド通知を受領されることもあるかと思いますが、ご了承下さい。いずれかの通知にしたがって健康状態を回答頂ければ問題ありません。

6-9

機内での濃厚接触の可能性があった場合には何かお知らせは来ますか。

あなたが搭乗していた機内に陽性者がいた旨、検疫所からメールでお知らせが来ます。また、濃厚接触者になった可能性がある場合には、後日MySOSアプリからプッシュ通知でお知らせが来ます。最寄りの保健所へ連絡をお願いいたします。保健所からの指示があるまで、登録待機場所にてお待ちください。

7.居所確認(ビデオ通話)について

質問 回答
7-1

ビデオ通話の操作方法がわかりません。

インストール後、アプリ内で特別な操作は必要はありません。ビデオ通話が着信したら応答してください。
応答方法については、入国者健康確認センターのホームページまたは、空港で配布した『入国する皆様へ』という書類をご確認ください。ホームページには操作方法の動画も掲載しています。
https://www.hco.mhlw.go.jp/

7-2

ビデオ通話に出られなかった場合、どうすれば良いですか。

ビデオ通話に応答いただけなかった場合、入国者健康確認センターからメール等によりご連絡することがあります。
ご利用者からビデオ通話を折り返し発信することはできません。

ビデオ通話では、センターから連絡をしたタイミングで、背景等からご自宅等屋内にいらっしゃることを確認します。
つきましては、電話で折り返しのご連絡をいただいてもそれが確認できませんので、次のビデオ通話をお待ちください。
センターへの折り返し電話連絡は不要です。

応答方法がわからなかった場合は、入国者健康確認センターのホームページまたは、空港で配布した『入国する皆様へ』という書類をご確認ください。
操作内容・設定内容の確認方法の動画も掲載しています。
また、お使いのスマートフォンの設定等をご確認いただき、アプリの通知設定が許可されている状態になっているかご確認ください。
なお、正当な理由なく、健康状態や位置情報の報告を怠った場合など、誓約に違反した場合は、氏名(外国人の場合は氏名および国籍)や感染拡大の防止に資する情報が公表されることがあります。
外国人の場合は出入国管理法に基づく在留資格取消手続きおよび退去強制手続きの対象となることがあります。
https://www.hco.mhlw.go.jp/

7-3

人ではなく、メッセージが表示されるビデオ通話がかかってきたのですが、これは何ですか。

6月18日より、オペレーターによるビデオ通話に加え、メッセージが表示される無音の自動架電を開始しました。
画面に表示されるガイドに従って、背景がわかるようにご自分を映してください。
ご自宅等屋内にいらっしゃることを確認します。